がん治療後の腸内に大きな効果を発揮したアメリカ産の乳酸菌サプリ

日本人の多くは、ガンで悩んでいます。ここ最近では、大腸癌でお悩みの方々も増えているようですね。
以前は大腸というよりも、胃がんでお悩みの方が多かったのです。ですが最近になって、大腸ガンの死亡確率が、胃がんを追い越しました。ですので、今や大腸癌は多くの日本人にとっては脅威的な病気の1つと言えるでしょう。

ガン治療の後のお腹の不具合がマルチプロバイオティックで改善された

ところで人によってはそのガンの治療を行っているのですが、それでお腹の調子が悪くなっている方も見られます。なおかつその不具合が、アメリカ産の乳酸菌サプリによって解消されている事もあるのですね。

というのも先月の話なのですが、ある方が内視鏡検査を受けました。そして検査を受けたその日の内に、ガンが発覚したのだそうです。いわゆる大腸癌になってしまっていたのですね。ちなみにそれが発覚したのは、60代の女性の方です。

それでその病院にて大腸癌の摘出手術を受けたのですが、それで一旦は腫瘍がなくなりました。そして本来腫瘍を除去すれば、だんだんとお腹の調子は良くなっていくものです。
ところがその60代の女性の場合は、なかなかスムーズではなかったようですね。一旦摘出手術は受けたのですが、お腹の調子は依然悪いままだったようです。

しかもガスの問題点もありました。お腹の中に老廃物などが蓄積されていれば、ガスが溜まってしまう事も多いですね。恐らくガンによって、お腹の中が荒れてしまっていたのでしょう。
ところがその60代の女性は、ある時にマルチプロバイオティックというサプリを服用しました。それでお腹の調子は、だいぶ変わってきたのだそうです。

マルチプロバイオティックは、アメリカで作られたサプリの1つになります。日本で作られたものではありません。
その米国産サプリにはデトックスに関する効果があり、お通じを促す効果があるのですね。そのサプリを摂取した事により、だいぶスムーズに便が出るようになりました。

上記の話で興味深いのは、ガンとの関連性でしょう。大腸ガンを除去した後は、上記のように体調が悪くなる事例もたまに見られるのですが、やはりそれは精神的にきついと思います。しかし上記のマルチプロバイオティックというサプリの場合は、その調子を改善させてくれる訳ですね。恐らくそれは、マルチプロバイオティックの中にある複数の乳酸菌が原因だと思います。アシドフィルスなど様々な乳酸菌が入っているのですが、それが腸内環境を上手く調節してくれたのでしょう。

ですので大腸がんの治療を受けた後などは、そのサプリの摂取を検討してみるのも一法ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です